食品で健康を保とう

子供の頃、よく噛んで食べなさいと言われて育ちましたが、噛むことは非常に健康と美容に良いことです。
シッカリ噛むと唾液がたくさん分泌され、食べ物の残りカスや細菌を洗い流してくれます。


ちなみに唾液は殺菌力が強いので、唾液が口内の健康を守ってくれるわけです。



また何回も噛むと満腹中枢が刺激されるので、食べ過ぎを防ぐことができます。

つまり肥満防止になるわけです。

肥満になると血管や心臓・肺等を圧迫するので、肥満予防は健康にとって非常に大切です。ちなみに食事前にガムを食べると、ダイエットにも効果的です。


それから噛むことによって、脳の血流が良くなるので、子供なら学習力がアップするし、高齢者なら物忘れ防止になります。健康だけでなく、噛むことは美容にも良い影響を及ぼします。



年を重ねると、筋肉が衰えて顔が弛んできますが、噛むことによって筋肉が鍛えられます。

それによって弛み防止になり、ハリのある肌を維持することができます。


ところで健康に良いのは噛むことだけではありません。身体を冷やさないことも大切です。

冷えは万病の元と言われるように、とても健康に悪いのです。
なぜなら身体が冷えると免疫力や新陳代謝が低下するからです。



冬はウィルスが活発になる季節ですが、免疫力が低下すると、風邪やインフルエンザ・アレルギーに対する抵抗力が弱くなります。

さらにこれらの病気に掛かっても治りが遅くなります。
免疫力が下がると、健康管理が難しくなるというわけです。

また代謝も低下するので、腸の働きが悪くなり便秘を招きやすくなります。便秘になると、毒素や老廃物が排出されず血液に溶け込み体内を循環し、シミやニキビの原因になります。
免疫や代謝を上げるためには身体を温める必要があります。

ちなみにショウガには身体を温める効能があるのでオススメです。


スーパーマーケットで売られている普通のショウガよりも、金時ショウガが特に身体に良いです。

普通のショウガと比べて、金時ショウガには約4倍もの効能があるからです。








Copyright @ All Rights Reserved.