化粧品で女性らしさを忘れずに

私はあまり濃い化粧は好みません。
若いときはたくさんの基礎化粧品を使って、さらに、ファンデーションをしっかり塗っていました。


しかし、子供を生んでからというもの、育児に追われて、朝からしっかりとお化粧をする時間などほとんどなくなってしまいました。

それからは、さすがに日焼け止めを兼ねてUV効果のあるファンデーションをつけはするものの、お化粧などほとんどしなくなりました。

ほとんどすっぴんのままです。

また、以前は刺激の強いお化粧品が強かったからでしょう。



お化粧をすれば、確かに一見綺麗には見えるけれども、素顔になると怖いという人が多かったように思います。


私はそういう人たちを見て、お化粧って女性を綺麗にするどころか、歳とともに顔や唇を黒しくしてしまうんだなあと思っていました。ですから、なるべく化粧をしないほうがいいようにも思っていました。
ところが、最近はお化粧に対する考えが少しずつ変わってきました。

私自身、子供たちに手がかからなくなり、会社勤めをするようになったこともあり、お化粧品にとても興味を持つようになってきたのです。


それに当然ながら自分がいつまでも若々しく見られたいという強い願望もあります。さらに、お化粧品もかなり進化してきたように思うのです。



無添加、無香料など、原材料にこだわった化粧品が数多く出回るようになりました。
さらに、お化粧品がただ見た目を綺麗にするだけでなく、お肌そのものをきれいにする効果もあわせ持つようになってきたのです。



最近は、インターネットでいろいろな無添加にこだわった化粧品を探すのが楽しみの一つになっています。

サンプルを取り寄せ、実際に試してみるのは本当に楽しいものです。
あれもこれも目移りしてしまうのが、いいことがどうかわかりませんが、少なくともこうして化粧品を探していることも、女性らしさの一つではないでしょうか。

これからも女性らしさを忘れず、化粧品と上手に付き合っていきたいと思います。








Copyright @ All Rights Reserved.